工場の求人募集で求められる一般的な人物像

Posted on 2016年10月28日

工場の求人募集は、比較的給料が高いところが多く、未経験者でも応募しやすいので、仕事を探している人は一度くらい選択肢として考えたことがあるでしょう。求人に応募しようと考えたときに気になるのが、工場ではどのような人物が求められているのかということです。現在はインターネットが普及していますから、インターネットの動画などを見て、工場での仕事の様子を見ることもできます。しかし、工場の中は企業秘密であるとしている企業もあり、実際に働いてみるまではわからないということもあります。どのような仕事なのかもわからずに契約を結んでしまうことには不安がありますが、それほど心配する必要はありません。工場の仕事というのは、一般人が思っているよりもホワイトな現場であり、無理な仕事を押し付けられるということはありません。また、最初の2週間は試用期間なので、その間に続けられるかどうかを判断するとよいでしょう。

社会人としての常識がある人が求められている

工場の仕事は肉体派のイメージがあるので、とにかく体力がある人が求められていると思っている人がいますが、実はそうでもありません。求められるのは、社会人としての常識やマナーになります。とはいっても、レベルの高いビジネスマナーのようなものは必要ありません。丁寧な言葉遣いで話すよりも、大きく元気な声でハキハキと話したほうが好感を得られます。例えば、若くて体力がある人でも、すぐに辞めてしまう人がいます。そういう人の中には、遅刻が多かったり、休憩時間を長めにとっていたり、無断欠勤をしてしまったり、とにかく社会人としてのマナーが欠けている人も多いようです。時間が守れない人、きちんと連絡ができない人などは、社会人として致命的です。そういう人は人間関係もうまくいかなくなり、職場に居辛くなってしまう傾向があります。

人と接する仕事ではないが、チームワークも重要

工場の求人は、人と接する仕事ではないため、接客業などをしていて人間関係に疲れた人も応募してくることがあります。人と接する機会はあまりなく、人間関係でストレスが溜まりにくい仕事でもあります。しかし、元気に挨拶をしたり、最低限のコミュニケーションはとれる人が求められます。また、仕事が終わった後も遊びに出かけたり、食事をしたりして、仕事以外でも積極的にコミュニケーションをとっている人は、長続きする傾向があります。工場の仕事はライン作業が多く、チームワークも重要になります。ライン作業では、1人でも遅れが出ると、ライン全体が止まってしまうので、責任感がないとつとまりません。まとめると、工場の求人で求められている人物像は、社会人としての常識やマナーがあり、仕事をこなせるだけの体力があり、コミュニケーションもしっかりと取れる人になるでしょう。

Comments are closed.