希望通りの貸事務所を文京区で探す方法を教えます

文京区で貸事務所を借りるために、希望するポイントの確認と優先順位を決めましょう。立地条件、物件の広さ、賃料や設備などたくさん決めることがあります。何が譲れなくて、何なら譲歩できるのか、先に希望と優先順位を決めておくことで、こちらの要望が相手に伝わりやすくなり、スムーズに物件探しが進みます。ここまで決めることができたら不動産会社に行くわけですが、どういう物件を多く取り扱っているのか不動産会社によって得意不得意があるので、自分に合った不動産会社を選びましょう。不動産会社を決めたらいよいよ物件探しです。インターネットにはたくさんの物件が掲載されていますが、人通りが少ない場所や交通の便など、写真では分からないこともあるので実際に現地に行き、自分の目で確認して探しましょう。

貸事務所を借りるために知っておくべきポイント

文京区のどこに物件を借りるのか目星を付け、交通の便などを考慮して立地条件を決めていきます。貸事務所の広さを選ぶ目安として、1人あたり3坪と言われています。何人のスタッフが使用するのか人員計画も含めて考えることをお勧めします。保証金や礼金、光熱費などトータルの支払額を頭に入れて賃料を決めましょう。マンションやアパートと違い、坪単価で表記されることがあるので注意が必要です。貸事務所を借りるには、ほとんどの場合連帯保証人が必要になります。代表者が連帯保証人となるケースが多いですが、第三者に求める場合もあるので注意が必要です。連帯保証人を頼める人がいない場合は、保証人がいらない物件を選ぶか、代行をしている会社があるので、そちらを利用することもできます。会社によって利用料金が違うので、きちんと調べてから利用することをお勧めします。

初めて借りる方へ貸事務所の選び方

文京区で初めて貸事務所を借りるために、少しでも抑えられる初期費用を確認しておきましょう。保証金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険などの合計金額が初期費用となります。抑えられる個所としては、礼金と仲介手数料です。礼金ゼロまたは礼金が少ないものを選ぶことがポイントです。仲介手数料は半額の会社が増えてきているので、そこも確認してみるといいでしょう。また貸事務所を選ぶ際、居抜き物件があります。設備や内装などをそのまま利用できるので、コストを抑えることができます。内装譲渡金を払わないといけないですが、工事費用よりも安く抑えることができます。設備の老朽化で余分に費用がかかることもあるので老朽化の程度を確認しておきましょう。電気容量のチェックも忘れないでください。コンセントにも容量があるので、電話やパソコンなどをたくさん使用する場合、容量増設のため莫大な費用を請求されることもあるので注意が必要です。