文京区の貸事務所の相場を教えます

文京区の貸事務所といっても、エリアによって多少相場が違いますし、築年数によっても広さによっても違います。護国寺や茗荷谷のエリアは20~30坪で坪単価約9,800円となっていますが、200坪以上になると坪単価18,200円と上がります。千駄木や白山のエリアは20坪では坪単価10,200円、200坪以上では21,000円程度となり、本郷、湯島エリアでは20坪では坪単価11,300円、200坪以上では坪単価22,000円が平均と言われています。ビルの中には坪数や敷金などの情報があっても坪単価や月額費用が非公開になっているものもあります。これには現在借りている方に配慮している場合や、物件のオーナーに配慮している場合があるので、実際に管理会社に行って尋ねる必要があります。また物件自体が非公開である場合もありますので、管理会社に行くことで有効な情報を手に入れられることもあります。

文京区を担当する複数の不動産屋廻りをして貸事務所を探す

文京区は東京大学があり、その名前の由来も「学問の府」という区の特性から名づけられたものとされており、他の地域でもいられない名前です。このように学生が多く集まる街でもありますが、もちろん人が暮し、オフィスも多く、駅も歴史も観光もできる人が集まる場所です。そんな場所ですので、多種多様な貸事務所があります。地元密着型の不動産屋や、大手不動産屋など、さまざまな不動産屋を回ることで、理想の貸事務所を見つけられると思います。これはひとつの不動産屋だけが文京区を網羅しているわけではないという点です。もちろん建物からアプローチして不動産屋を探すという考え方もありますが、交通の便など考えて、何となくこの地域という程度であれば、まずは近くの不動産屋を探して話を聞く事が大切です。また同じ建物を複数の不動産屋が窓口になっている場合もあります。より安く借りるためにも複数の不動産屋を巡ってみてほしいです。

貸事務所内に入っている会社は文京区のルールを守っているか

文京区に限らず、また貸事務所に限らず、マンションなど集合住宅をどこで、どのような形態で借りる場合でも大切なことは、実際に見に行くことです。もちろん部屋の中の状態も大切です。職種によっては電源プラグや、中の改装がどれくらい出来るのかなどの条件を考える必要もあります。しかし取引先でもお客様でもお迎えすることがある場合、気にする必要があるのはエントランスや共有部分です。これは建物を管理している会社が、仕事をしているのかを見る事ができます。建物の大きさに合うエレベータがあるのか、ゴミ集積場は清潔でルールが守られているのか、エントランスでお客様をお待たせできるのか、できない場合はどのようにするのかなど、チェックしてみると、考える事も多くなります。特にゴミ集積所は同じビルに入っている会社の質を見る事ができます。